治験モニター

治験モニター

基本的にはインターネットを使った副業をサイトとしては紹介をしていますが、時間的な効率として非常に高い点と、潜在的なニーズが高いと思いますので、新薬実験についての紹介をこちらのページでは行っています。

 

正直な話、管理人も実際に試した事があります。その時には検査だけで、基準値外の数字が出てしまった為、実際に参加をする事が出来なかったので、無料で体の検査を行ってもらい、その上で3000円程度の交通費を頂く事が出来たので、高い満足感を得る事が出来ました。実際に治験に参加をしていた場合には、数万円程度の謝礼を頂く事が出来たので、その点はちょっと残念でした。

 

新薬のバイトは、誰でも良いという訳ではありません。都度案件ごとに、条件があります。単純に性別による違いもありますが、体脂肪率や喫煙・非喫煙なども案件としてあります。また時期によっては花粉症の人の募集などもありますが、要するに様々な案件が随時募集をされています。

 

そうした治験の情報を紹介しているサイトとしては「新薬ネット」がありますので、興味のある人はこちらに登録をしておくのが良いと思います。他にもいくつか治験の情報を紹介しているサイトがありますので、治験に興味のある人は、複数応募しておくのが良いでしょう。

 

こうした治験については、具体的な治験と創薬と言う違いがあります。治験の場合には、すでに販売されている薬品の後発商品(名前が違うだけで、実際にはすでに販売されている商品と同様の品質)の実験になります。すでに販売されている商品と同様の薬となりますが、厚生省から販売の許可を得る為に行われるものとなっているので、安全性にはついては、極めて高いものとなっています。その分として、謝礼金額については、創薬よりも安い金額となります。

 

創薬は治験と違い、新しい商品の実験となりますので、治験と比較をすると、安全性については低くはなります。それでも当然人体への実験の前に十分な検査を行っているのが、前提となりますので、ほとんどのケースでは安全性が高いレベルで確保されているものとなります。

 

拘束される時間や日数などの同様の条件であれば、治験よりも創薬の方が金額的には高くなりますが、拘束日数や時間によって、金額的な違いがありますので、自分の都合に合わせながら選ぶ様にしましょう。




楽天オススメ商品

忍者アドマックス